« 神奈川東部方面線 | トップページ | これであの悲劇(?)は起こらないでしょう »

2013年12月 4日 (水)

ドッペルギャンガーのパーツ交換

今日は、かねてから予定していたドッペルギャンガー 806squaloのステアリングやペダルの交換を行いました。

オクで競り落としたままの状態で走っても問題無いのですが、ハンドルの位置であったりブレーキレバーのサイズであったり色々「こうしたいな」と思うところが出て来たので、本日時間を作って一気に行いましたです。

これがオリジナルの状態です。渋くてイイ自転車だと思います、806squaloは。

Img_1279

最初にドロップハンドルを交換するのでバーテープを剥がすところからスタートです。

Img_1281Img_1282

次にブレーキレバーを外します。

Img_1283Img_1285

シフトレバーのSL-A050を外します。

Img_1286Img_1287

ドロップハンドルを外します。ANCHOR RA3同様にコラムのネジを外してがばっと取り去ります。

Img_1289Img_1290

ハンドルを差し替えます。左が元々momentumに付いていた、今回806squaloに取り付けるアナトミックシャロー型。右が今外したドロップハンドル。
写真では判り辛いですが左の方が右より10mm程度リーチが短く、ブレーキレバーが手前に来ます。

Img_1291

ドロップハンドルを留めていたネジはサビ気味だったので、いつもレーシングカートで使っている6mmの黒いキャップボルトと交換して、アナトミックシャローのドロップハンドルを取り付けます。

Img_1292Img_1293

シフトレバーのSL-A050を取り付けます。

Img_1294

ブレーキレバーの仮組みをするのですが、ANCHOR AR3と比べるとどうしても遠くの方にブレーキレバーが行っちゃうので、これ以上手前に持って来たいと思ったらステムを40mmくらいのにしないとダメです。

Img_1296Img_1297

ステムを新調するかどうかは全部組んでから決めるので、作業を進めます。
ブレーキの位置を決めて、ブレーキワイヤーをドロップハンドルに固定します。

Img_1302Img_1299

注意したいのは、ダイヤコンペのBL-07は普通サイズのアウターケーブルエンドを使うとエンド部が正しくブレーキ内部の固定箇所に引っ掛からずアウターケーブルがブレーキレバーのタイコ側へ引っ張られる可能性があります。
なので、既存のブレーキケーブルのアウターを使う時は、ブレーキ側のエンドを一度切って、BL-07に同梱されている専用のエンドをハメ直します。

Img_1303Endcap

バーテープを巻きます。いつもおなじみの、イオンバイクで売っている800円弱のバーテープです。
白か黒しかないのですが、出来れば赤と青も出して欲しいなー(^^;

Img_1300Img_1305

とりあえず仮落成。こんな感じになりました。

Img_1306
Img_1307

ブレーキワーヤーをブレーキの前後のキャリパーに固定した後に試走しましたが、若干まだブレーキレバーの位置が遠い感じはするものの、落札したままの状態よりはかなり良い姿勢を保てる様になりました。ハンドルとブレーキレバーを交換した甲斐がありましたね(^_^)v

そして、ペダルの交換です。806squalo標準のペダルは今ひとつ私の足のサイズに合わないので、息子様にクロスバイクを組んだ際に装着したコーナンのスポーツペダルをもう1組購入して806sqaloに装着します。

Img_1309

まずは806squaloからペダルを外します。

Img_1310_2
Img_1311Img_1312

その後、コーナンのスポーツペダルを装着しました。こんな感じになります。

Img_1314

これで試走を再度行いましたが、かなりペダルの踏み込みが行いやすくなりました。標準のペダルはサイズが小さい上にスペリ止め用のエッジのギザギザもしっかり靴底のスイートスポットに来なかったのですが、ペダルをコーナンのスポーツペダルに替えた事でかなり足とマッチする様になりましたです。

これで、本落成ですね。こんな感じになりました。サドルが斜めになっていたのは修正済。

Img_1315
Img_1321

色味を全然変えていないので、落成前と本落成で違いがはっきり判らないと思いますが(^^;実際に乗ってみるとかなり楽な乗車姿勢を維持出来る様になりました。また、ブレーキレバーのブラケット部が柔らかく、レバー部が少し太くなり、かなり握りやすくなりました。

サドルが少し破れたままなので、これを新品に交換して806squaloの調整は完了です。
あとは専用の輪行袋を入手して、遠くへサイクリングへ行ければなと思います(^_^)v

|

« 神奈川東部方面線 | トップページ | これであの悲劇(?)は起こらないでしょう »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドッペルギャンガーのパーツ交換:

« 神奈川東部方面線 | トップページ | これであの悲劇(?)は起こらないでしょう »