« X30→KT100SC.... | トップページ | カインズホームのフレームバッグ »

2014年1月10日 (金)

多摩湖へ行ってみた(自転車で)

今日は自転車へ多摩湖へ行ってみました。
先日の車による遠征でたくさんのサイクリストを見掛けて「自分にも出来るかな?」って気になったからです。
その気になったら早く行った方がいいでしょう、ってことで本日決行しました。かなり寒かったですが……(^^;

今回、自転車はドッペルギャンガー 806squaloです。折り畳んでボンゴに積み、下野毛のコインパーキングまでボンゴで行ってそこから展開して準備に入ります。
サドルはVeroを中古ですけど入手して806squalo純正と差し替えました。また、ハンドルに付いているシフトレバーと、サイコン代わりのiPhoneやライトが干渉しない様に、マルチマウントを取り付けてiPhoneとライトを搭載しました。

Img_0005Img_0006

10時頃に下野毛のコインパーキングから多摩サイに出てひとまず野川サイクリング道路へ。
しかしその入口が判らず10分程タイムロス(^^;見付けてからは野川沿いに遡上して行きます。

それにしても……冷たい向かい風が本当にキツかったです。5℃無かったと思うのですが、そこに向かい風なので体感温度はもっと低かったです。
しばらく右岸を走っていましたが建物の影に入る時間が長くて寒かったので中之橋から陽の当たる左岸に移って遡上を続けます。

野川には結構な数の野鳥が居ます。私が通りかかった時も大きなレンズの付いたカメラを持った人が数人、鳥に向かってシャッターを切っていました。サイクリングロードガイド等を読むと野川は野鳥の宝庫なんだとか。都内の区部にこんな自然が残っているというのは今更ながらオドロキです(^^;

Img_0046Img_0047

野川公園に差し掛かったところで道が未舗装になるので、そこから東八道路に出て多摩湖自転車道を目指します。

Img_0007Img_0008

東八道路を東へ戻って天文台通りに入り、北上します。途中、左手に富士重工業の東京事業所が見えます。

Img_0009Img_0010

二度程ルートをロストしましたが(^^;何とか多摩湖自転車道の始点にたどりつきました。ここまで下野毛を出発後、約1時間半です。

Img_0011Img_0012

あとはひたすらまっすぐな多摩湖自転車道を駆け抜けるだけです。

Img_0014

途中何箇所か踏切と交差します。当然全て西武鉄道の踏切です。どちらかというと東急のコミュニティにシンパシーを感じている私としてはアウェー感が否めません(^^;

Img_0018Img_0021

一般道路と交差する箇所に必ず自転車止めが付いている以外、あまり障害となる箇所は有りません。
ただし、空堀川を越えて200メートル程度、工事のため一般道に迂回させられます。

Img00222

12時15分あたりで多摩湖の麓になる武蔵大和駅西交差点に差し掛かり、いよいよ多摩湖が見えて来ます。

Img_0025Img_00272

交差点を出発してから5分程度で、ゴールになる狭山公園の南側入口に着きますが、湖畔を一周するので今はスルーです。

Img_0029

緩い登りをのんびり駆け上がって、自転車道を時計回りに進みます。
湖畔北側で西武鉄道の首都・所沢市に入ります。西武ドームも間近に見られます。

Img_0030Img_0036

ゴールは狭山公園上の、多摩湖村山下貯水池の堤体上です。出発して3時間ジャスト。
遠くにですが富士山が見えました。

Img_00382

先日一度来ているのと、とても寒いので(^^;(^^;感動はそこそこに多摩湖を後にしましたです。
帰りは一本道&追い風だったので全然苦労しませんでした。なので、沿道の写真を撮ってストップ&ゴーを繰り返し、自転車道を堪能しましたです(^_^)v

Img_0015Img_0016
Img_0039Img_0042

しかし喜多見付近でパンクしてしまい(^^;修理するのも面倒だったので下野毛のコインパーキングまで残り6km、806squaloを押して行きました(^^;(^^;

Img_1483野川と多摩湖の両サイクリングロードを通りましたが、生活道路テイストが強めな野川に対して自転車道だという強い主張を前面に出す多摩湖、って印象です。とにかく多摩湖自転車道は道がまっすぐ。多摩湖から市街地に伸びる水道管の上を走っているので当然と言えば当然ですが、走りやすくてサイコーです。自転車止めが頻繁に登場しますけど、自転車に乗ったまま通過できるのであまり苦にはなりません。

反省点は、野川サイクリング道路と多摩湖自転車道を結ぶツナギの道路選択を誤ったことです。
野川を遡上すると野川公園に出ますが、そこまで行かずに大沢橋で天文台通りに出て北上するのが正解っぽい気がします。

天文台通りも境五丁目交差点でT字路となるので、東へ曲がった後に1つ目の信号で北へ曲がって亜細亜大学の脇道に入り、境橋交差点へ向かって細い道を入るのが多摩湖自転車道の始点となる関前五丁目交差点への近道となります。ただし復路は往路の細い道を見付け辛く、私は復路でもココでロストしています。

あと……806squaloは長距離走行に向いている自転車では無いかもしれないです。
ペダルを踏んでもスッと前に出る様な軽さが無い様に感じたので(実際13.5kg+α)「どんどん前に行きたい」と思ってペダルを回すと自分の踏む気持ちと実際の進みっぷりのギャップに少々アレな感じを持ちます。
この自転車は目的地まで車なり輪行なりで辿り着き、その目的地内をのんびり流すのが向いているんじゃないかなー?以前、もてぎで行った様にサーキット内での移動の様な感じで。
なので、今日の道程だと806squaloよりもANCHOR RA3の方が向いていたかも。

さて、明日から3連休です。ウチは12日(日)に新東京サーキットへ行く予定です。

|

« X30→KT100SC.... | トップページ | カインズホームのフレームバッグ »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩湖へ行ってみた(自転車で):

« X30→KT100SC.... | トップページ | カインズホームのフレームバッグ »