« ナラシ終了 | トップページ | 動画うpのテスト その8 »

2014年4月13日 (日)

練習走行@新東京サーキット

昨日でナラシを終え、レース用のエンジンとキャブレターを決めたので、今日は慣熟走行に徹しました。

昨日は50台程度の走行台数でしたが今日は100台以上集まったのでかなりピットが混雑しましたです。

Img_1688

コマーからX-30までエンジンもバラエティに富んだ状態。なので時間割もスピードレンジや集まった台数を考慮した5クラス分けです。

Img_1691

息子はX-30クラスで走行したのですが、ウチは初めてX-30だけというコマを走ります。

午前中は12分で3セッション。

Session AM1 : 昨日と同じセッティング。一度ピットに入れてタイヤのエア圧を落とし、コースに送り出したらタイムが下がる。ピットイン前が37.6s/周、アウト後が37.8s/周。

Session AM2 : タイヤのエア圧を高めに振ってみる。それが功を奏し、37.5s/周のベストタイムが出る。路面がかなり出来上がっており、以降も好タイムが期待される。

Session AM3 : AM2と同じセットで37.4s/周が出てベストタイムを更新。ここまでドライブスプロケットを12Tで走行。

昼休みはドライブスプロケットを11Tにしてドリブンスプロケットを思い切り小さくしてみました。
午後も3セッションです。

Session PM1 : 15分セッション。タイム的にはAM3と同じ37.4s/周もエンジンの回転数が全然伸びない。次のセッションでドリブンスプロケットを大きい方へ振る予定。

Session PM2 : 15分セッション。エンジンの回転が元に戻り結構コーナーワークが軽くなった様に見える。ここで37.3s/周が出る。もうちょっとエンジンの回転数を上げられそうなので更に大きい番手のドリブンスプロケットを次で掛ける。

Session PM3 : 12分セッション。エンジンを上の回転まで使い切り、37.2s/周までタイムを上げる。平均して37.3s/周で回れる様になったので、あの路面でのセッティングはこれで間違い無さそう。

まとめ : 路面の出来具合に助けられたとはいえ自己ベストを0.3s/周引き上げたのは立派だと思います。今までぼっちで走ることが多かったので息子は速いのか遅いのか判りませんでしたが、今日の台数(20台程度?)で走らせてみて、そんなに遅くも無いなということは判りました。

ベストタイムの0.1秒落ちをコンスタントに出せているには少々驚きました。結構時間に正確に周回する様です。これだったら何とか他の人達に混ざってもレースになるんじゃないかなー、と。
しかしバトルはまだ甘々です。挙動が読めないクルマの後ろに入ると様子を伺って、その間に後続に追いつかれて抜かれる、と。多少の強引さは必要だと思いますが、どの辺までヤッていいのかの加減を息子は勉強する必要がありそうです。

ともかく、伸びた点と課題が良く見えた、非常に有意義な練習になりました。あとは練習で出したタイムを本番でも出せるように、息子にはメンタル面を強く持って貰わないと……(^_^;)

今日X-30で一番速かったのはチームメイトのFP-Jr.チャンプで、37フラットを切る走りを連発していました。
もし次のNTCCUPが今日と同じ路面状況だったら自身が打ち立てたコースレコードを大幅に更新するんじゃないかなー?ってくらいの勢い。素晴らしいです。

それにしても、最近のアクアライン渋滞、だんだんヒドくなってないでしょうか?
今日はサーキットを17時半に出発して、途中コンビニで夕食を買ったとか高速道路側道の渋滞を迂回したなどタイムロスはあったにせよ家に着いたのが20時半とかでした。とにかく木更津金田ICにたどり着くまでが長く、アクアブリッジもアクアトンネルもひたすらのろのろ運転だったんですよね。

毎週こんなのじゃ家着くまでにくたびれちゃいますよ、いくら私が運転好きとか言っても(^_^;)

来週末のNTCCUPにX-30クラスでエントリする予定です。皆様ヨロシクお願いします(_ _)

|

« ナラシ終了 | トップページ | 動画うpのテスト その8 »

レーシングカート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 練習走行@新東京サーキット:

« ナラシ終了 | トップページ | 動画うpのテスト その8 »