« 脱・國鐵廣島? | トップページ | スパイダーマンのサイクルジャージ »

2014年6月25日 (水)

日本終戦のお知らせ

……日本の2014W杯が終わりました。

<ブラジルW杯>日本1勝もできず 期待と自信砕かれ
http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140625-00000050-mai-socc

出勤するため家を出たときは丁度岡崎選手のヘディングでコロンビアに追いついて1-1となったので、これはもしやとも思っていたのですが、会社に到着しても食堂でTV観ていた皆が何も語って無かったので「あー負けちゃったかな」と感じました。

サッカー評論家やコラムニストやセレブリティが色んな問題点を指摘しているので私から特に何も書くことは無いです。
ただ、ザッケローニ監督が手がけた2014年W杯に向けた日本代表は、今までで一番我々に夢を見させてくれたチームではないかと思います。
前回の南アフリカ大会でも16強に残りはしましたけど、守備を固めてワントップの本田選手をクサビにして、というどちらかといえば彼我の差を考えた結果の「能動的でない」サッカーを目指さざるを得なかった状態だったことを考えると、速いパスで敵陣を崩しに掛かるし個人の能力でも勝負に行ける今の日本代表は質の向上が顕著に見られたと感じます。

そうでなければ、2013年のコンフェデ杯でイタリアから3点奪って窮地に追い込んだり、親善試合とはいえオランダに引き分けベルギーに勝利し、アジアカップでJリーグ選抜チームで以て優勝するなんてことは無かったでしょう。
ザッケローニ監督が指導し、日本の選手達の良いところを引き出して戦ってきた功績は今後も決して否定されるモノでは無いと信じたいです。

W杯本戦の予選リーグ緒戦でコートジボワールに出鼻をくじかれてしまったのが悔やまれます。この試合に勝っておけばまったく違った予選リーグの展開になっていたんだろうけどなー、といったところ。
1つの負けが全てのリズムを狂わせてしまうからこそ、W杯は怖いのです。

日本なんて1998年からやっとこさW杯本戦に出場し始めて、今回のブラジルW杯含めてまだ5回しか出場していないんです。歴史も実力もこれからってチームが決勝トーナメントに残れなくても何の不思議でもないでしょう。
前回優勝国のスペインなんて2試合で予選敗退決定ですよ。過去4回もW杯を征したイタリアだって今回は予選敗退です。強豪国ですらコレなのです。
……まー、色んな人達がガタガタ言っていますけど、我々も日本代表に急いで成果を求めず、もっと長い目で見てあげるくらいの気持ちが無いとなー、と思った次第です。

もしも、時空を越えてトルシエジャパンとザックジャパンが対戦したらどっちが勝つか、ちょっと興味があります。
ゲームとかで再現とゆーかシミュレーション出来るのかな?

|

« 脱・國鐵廣島? | トップページ | スパイダーマンのサイクルジャージ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本終戦のお知らせ:

« 脱・國鐵廣島? | トップページ | スパイダーマンのサイクルジャージ »