« 5000 | トップページ | 謎の?頒布物 »

2014年7月30日 (水)

消費税UPの影響を受けたメニュー

消費税アップで物価が上がる中、ファミレスはなるべく価格を上げない様にして色々メニューに工夫をしているのですが、それでも影響を受けていると思います。

私はガストに入るといつもミックスグリルを注文するのですが、この中身が若干変わっていることに気がつきました。

Before the tax increase

O0800060012234356829

After the tax increase......

P1010569

ハンバーグとウインナー、チキンは変更ナシですが(いや、サイズが少し小さくなった様な気がする、特にハンバーグ)、サイドメニューの顔ぶれが変わりました。コーンが無いところで初めて気がついた次第です(^_^;)。
ポテトがフライドポテトになり、コーンとブロッコリーがニンジンとサヤエンドウに置き替わっていました。
これでコスト抑制に効くのかなーとか思いましが、今までコーンがちまちまして少々食べ辛かったことを考えると素早く食えるからコレでいいのかな(^_^;)

コスト抑制も大事ですけど、消費税が上がって物価も上がって、という流れに反する値下げを断行する外食のお店は今後少なくなるんだろうなーと思います。

『牛丼店の「脱デフレ」進む 松屋が90円値上げし「プレミアム化」 吉野家は新定食を投入』
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140730/biz14073019530024-n1.htm

私はこれでイイと思います。従業員の心の安全を守れない様な低価格化対策やプレミアムメニューはお店のプレゼンスを貶めるだけです。

あとは物流業界にもこの波が及んでくれればナーと思います。宅配便が消費税以上の値上げをした時が、物流に携わる人達の賃金改善の合図になるのだろうなーと。

|

« 5000 | トップページ | 謎の?頒布物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税UPの影響を受けたメニュー:

« 5000 | トップページ | 謎の?頒布物 »