« やっぱり半導体は…… | トップページ | ANCHORの2015年モデル »

2014年10月21日 (火)

解体する気が無いなら

国立競技場の解体、3度目の入札公告 着工5カ月遅れに

http://www.asahi.com/articles/ASGBP55CKGBPUTQP00Z.html

物価も人件費も何もかも高騰しているのに、入札で施工費用を低く抑えようとしても現状ではもう無理だと思います。
行政系のお仕事となる競技場の解体なのだからケチらないでしっかり予算を確保すればよいのに。

日本スポーツ振興センター(JSC)もバカだと思います。2回目の入札でヘタこいたのは、落札を早く決めて解体を始めたかったのかと思いますが、懇意にしているJVに仕事を落とすためだったのではないかというギモンも湧いてきます。
電子入札を導入する様なのでインチキはもうできないと思いますけど、一体何のために入札を導入してんだかJSCはよく考えろと思う次第です。

それとも解体する気無いの?それならそうと言ってくれればいいのに。2020年オリンピックを現・国立競技場の小規模補修で乗り切る気なら、それはそれで応援する(笑)。

|

« やっぱり半導体は…… | トップページ | ANCHORの2015年モデル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 解体する気が無いなら:

« やっぱり半導体は…… | トップページ | ANCHORの2015年モデル »