« ANCHORの2015年モデル | トップページ | シマノの2015年カタログ »

2014年10月23日 (木)

地震と共に生きる

復興への思い、黄色い旗から花に 中越地震10年

http://www.asahi.com/articles/ASGBP3TCMGBPUOHB00F.html

あーもうそんなに経つんですね。
私はその頃会津若松に単身赴任しており、磐越道を走行中に遭遇しました。
タイヤがパンクしたのかなと思って磐梯山SAに入ってタイヤをチェックしてもなんともなく、SAの休憩エリアでTVを観たら長岡市や川口町が大変なことになっていました。

その7年後には東日本大震災を体験したのですが、こうやって考えると本当に生きているのが不思議なくらい日本人は地震と共に生きているんだろかと思います。

色んな知恵を使って防災を徹底しても、その想定を上回る災害が起こります。そしてハードルの上がった防災レベルを達成してもさらにそれを上回る何かが起こる……と。

それでも「何をやってもどうせムダなんだし」と考えずに日々対策を打ち続けるのは日本人の良いところだと思います。
そうでないとこんな危なっかしい小島に住み着いていられませんものね(^_^;)

このyoutubeが心に染み入ります。

|

« ANCHORの2015年モデル | トップページ | シマノの2015年カタログ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震と共に生きる:

« ANCHORの2015年モデル | トップページ | シマノの2015年カタログ »