« 参加するか否か | トップページ | 解体する気が無いなら »

2014年10月20日 (月)

やっぱり半導体は……

IBM、半導体部門を15億ドル払って“売却”

http://www.yomiuri.co.jp/it/20141020-OYT1T50141.html

半導体=不採算部門というのは本当ですけど、それにしても15億ドル付けるから引き取ってよというのは本当にIBM本体からお荷物扱いなんだろうなと思いました。

もっとも、その売却された部門を安定的に稼働させつつ整理するための費用と考えればこんなもんだろうなーという気もします。
引き取るのはグローバルファウンドリー社ですけど元々はAMDが半導体製造部門を分社化して設立した会社で、ファウンドリー事業の拡大と使えない部門の整理にあたるんでしょう。

上下一体で会社が工場を保有するメリットは一貫生産による納期対応の早さや少量多品種対応が挙げられますけど、それでは赤字を埋められない程今の半導体製品は買い叩かれているのが現状です。この世界と運送屋さんは未だにデフレの空気を引きずっていますが運送屋さんの方が案外デフレ脱却が早かったりして。

|

« 参加するか否か | トップページ | 解体する気が無いなら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり半導体は……:

« 参加するか否か | トップページ | 解体する気が無いなら »