« ROADMARK RM700Lをロードバイク風にする(その3) | トップページ | 20世紀から運用していたのね »

2015年10月21日 (水)

ROADMARK RM700Lをロードバイク風にする(その4・完)

昨日の続きです。コレで多分終わり。

バーテープを巻きます。デダのスタンダード。色はジャガーグリーンです。ペダルも装着。

Img_2575

巻き終わったところはこんな感じ。補助ブレーキと近い場所にはビニールテープを巻きました。

Img_2576

サドルを取り替えます。標準で付いているサドルよりも女性向けにより特化したモノにと思い、サーファスのデュアルデンシティ レディ-スモデル(ゲル入り)を導入することにしました。

Img_2577

取り付け後、全体像はこんな感じ。

Img_2579
Img_2578

ハンドルが大柄に見えますが、結構コンパクトです。
試乗してみましたが、少しリアディレイラーがアレな感じ。ギアを落とすときはいいのですが、上げるときに4〜6速のあたりでカリカリ言い出します。シフトレバーがヘボいのか、リアディレイラーがヘボいのか、はたまたワイヤーケーブルのアウターが抵抗になっているのか……?
いずれにしても調整が必要です。

妻にも軽く乗って貰いましたがサドルの位置がまだ高いんだそうで、実際はこの写真よりサドルを下げて乗ることになりそうです。

今週末の土曜日に乗る練習するので、そこで妻からのフィードバックを得ようと思います。

久しぶりに自転車を組み上げましたが、やっぱりイイですね〜。
充実感もありますが、組み上げている最中、色んな人が声掛けてくれて、話も弾むんですよね。ちょっとしたコミュニケーションツールっぽい感じ。

それも楽しくて、私は自転車に携わっているのかもしれませんです。

皆様に感謝。

|

« ROADMARK RM700Lをロードバイク風にする(その3) | トップページ | 20世紀から運用していたのね »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ROADMARK RM700Lをロードバイク風にする(その4・完):

« ROADMARK RM700Lをロードバイク風にする(その3) | トップページ | 20世紀から運用していたのね »