« 私はコレで会社を辞めましたってCMが昔ありましたが | トップページ | ROADMARK RM700Lをロードバイク風にする(その2) »

2015年10月18日 (日)

ROADMARK RM700Lをロードバイク風にする(その1)

来月行われる「ツール・ド・ラ・フランス」@かみのやま温泉に夫婦で参加するため、先日入手した自転車を妻向けに改造することにしました。

オリジナルはコレ。大日産業の「ROADMARK RM700L」です。

Roadmark700l

スタッガードフレームでこの自転車がイチバン割安っていうのもありますが、ブレーキがVブレーキではなくキャリパーってトコに注目しました。

フラットバーをハズしてドロップハンドルをとりあえず取り付けたのが、こないだの写真。

Img_2499

ハンドルのブレーキ位置が遠いのと女性が乗るのには幅が広いので、ハンドル回りを全部交換します。
ついでにサドルももうちょっとクッション製の高いものにします。
タイヤも黒だけだと素っ気ないので色つきに交換します。

ROADMARKに標準装備されているホイールはナットで前後輪に固定するタイプだったので、手持ちのクリックイリリース対応ホイールと交換します。
タイヤはサーファスのSECAで700x25c、クイックリリースはタイオガのTIG024(フロント100・リア135)です。

Img_2554

ホイールには昔使った11-32T 8sのカセットスプロケットが残っていたのでそれを取り外します。

Img_2555

ROADMARKはリアディレイラーが7sなので、7sのカセットスプロケットをフリーに挿れます。CS-HG50の7s 13-30Tです。

Img_2556

ホイールに付いているフリーは8〜9対応なので、7sのカセットスプロケットを挿れる際には先に4.5mmのスペーサーを入れておきます。

Img_2558

その後、カセットスプロケットを挿れます。

Img_2560

スペーサーの分、隙間が出来るので、ソコにチェーンを落とさない様、リアディレイラーの調整には気を使うことになるかと思います。

Img_2561

タイヤを取り付けた全体像がコレ。ちょっとはサマになってきたかとは思いますが、まだまだ。

Img_2562

続きは明日以降更新します(^_^;)

|

« 私はコレで会社を辞めましたってCMが昔ありましたが | トップページ | ROADMARK RM700Lをロードバイク風にする(その2) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ROADMARK RM700Lをロードバイク風にする(その1):

« 私はコレで会社を辞めましたってCMが昔ありましたが | トップページ | ROADMARK RM700Lをロードバイク風にする(その2) »