« 正気と狂気は紙一重?? | トップページ | 祝ガープラ »

2016年12月21日 (水)

岡山市の社会実験は興味深いです

岡山市県庁通りの1車線化整備、事業化へ 社会実験で市民の理解進む

http://cyclist.sanspo.com/305321

県庁前って車の往来が結構頻繁なイメージがあるのですが、そこをあえて自転車を通すために片側1車線に整備する事業を行うところが凄いです。

一方通行路なのでレーンを片方塞いでも問題無いってことなんでしょうね。自転車の回遊性確保のために中々思い切った決断をしたと思います。

供用されたら次は路上駐車対策ですね。自転車レーンを塞ぐ車がウチの近所では頻繁に出現するので(^_^;)

|

« 正気と狂気は紙一重?? | トップページ | 祝ガープラ »

旅行・地域」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡山市の社会実験は興味深いです:

« 正気と狂気は紙一重?? | トップページ | 祝ガープラ »