« グンマー! | トップページ | 境川サイクリングロードへ行ってみた »

2017年4月30日 (日)

ザウバー・ホンダ誕生!

『ザウバー・ホンダ』誕生。マクラーレンに加え、2018年からのF1パワーユニット供給契約を締結

http://www.as-web.jp/f1/103933

ホンダは第3期活動の4年目で複数チームへの供給に入りますね。これで今まで「供給先が1チームしか無い」ゆえのトラブルシューティングの悩みがかなり解消されるモノと思います。
1チームしかないとテストで問題が発生したときにそれがシャシーとの相性なのかエンジン固有の問題なのかはっきりしないケースも考えられますが複数チームへの供給だと少なくとも前者の理由は明確になります。また、単純に言えば稼働させるエンジン数が倍になるので後者の出現率も倍となり、結果トラブルシューティングが早く進みます。

ザウバーもホンダエンジンを受け取るにあたってかなり金額的な好条件を貰ったんじゃないかなー?財布の中味がいつも厳しいザウバーにとってフェラーリという実績のあるユニットを止めてまでホンダを使うのはそういう事情もあるかと推測します。

そのあたりのこともリンク先には書いてありますが、ホンダ系のレーシングドライバーにとっては、例えばテストでザウバーのF1マシンに乗る、うまくするとレギュラードライバーになるチャンスが生まれるかと思います。新人育成に定評のあるザウバーなので、白羽の矢が立ったドライバーはキャリアの中で大きく成長する大チャンスです。誰が最初にそのチャンスにアタックするのか、非常に興味がありますネ。

マクラーレンは技術力がとても高いとは思うのですが、今の彼らは自身のアイデアやアイデンティティにこだわり過ぎてホンダの意見を素直に取り入れないところがあったんじゃないかと思います。ただ、ホンダも信頼性の部分でかなり不味い面を見せ続けていたのでマクラーレンをウンと納得させるだけの説得力が失われていたんじゃ無いでしょうか。

あくまで個人的な予想ですが、2018年シーズン開幕後の何戦かはザウバーがマクラーレンよりも上位に立っていると思います。ザウバーは素直にホンダの忠告を取り入れるでしょうから。ショックを受けたマクラーレンがシャシー造りのポリシーとアーキテクチャを改めて中盤から盛り返すもの……と見ます。

なるべく当たらないで欲しい予想ですネ(^_^;)

|

« グンマー! | トップページ | 境川サイクリングロードへ行ってみた »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザウバー・ホンダ誕生!:

« グンマー! | トップページ | 境川サイクリングロードへ行ってみた »