« タナック選手優勝おめでとう | トップページ | こういうマンガまでアニメ化されるのか »

2017年6月13日 (火)

日本人は「小は大を兼ねる」が好きだと思うので

10.5インチiPad Proを買った感想。

http://japanese.engadget.com/2017/06/13/10-5-ipad-pro/

相変わらずengadgetさん仕事早いですね(^_^;)

先日のWWDC2017で発表されたiPad Proの10.5inch版が発表されています。

先に挙げたリンクを見ていただけると解りますが、10.5inchでかなり雑誌サイズに近くなった印象です。
タブレットで書籍を読みたい方には、13inchだと大きすぎるが今まで売られていた9.7inchだと文字が小さくなるっていうオッサン世代に丁度いいサイズなのかもしれません。

画面のスクロール等の処理速度がかなり改善されているので、ペンで書類に上書きするアプリなんかではかなりアドバンテージになるのかなと思います。

Proと銘打たれているだけあって、iPad Proは書籍関連のプロユースや簡単なプレゼンテーションに役立つハイアマチュア向けのハードに位置づけられると考えられます。
ってことはいずれこのハードのアーキテクチャがiPad miniまで落ちてくるんでしょうけど、そうなるとminiの中で動いているモノの処理速度がかなり引き上げられるでしょうね〜。

店頭のminiを触っていて感じるのは少し重めな絵を見せる動作、例えばイングレスのインテルマップで少々もっさりした動きが気になることです。
多分に回線の速度であったり他アプリとの動作カブリとかもありますけど、描画のスピードが変わるとユーザのストレスが結構違ってくると思うんですよね。

私は自転車に乗りながらiPad miniをインテルマップに使いつつiPhoneでイングレスをプレイするという構想はまだ持っているのでiPad mini側の処理速度向上が図られればかなり自分にやりたいことに近づくんですけど……。

|

« タナック選手優勝おめでとう | トップページ | こういうマンガまでアニメ化されるのか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021921/70870486

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人は「小は大を兼ねる」が好きだと思うので:

« タナック選手優勝おめでとう | トップページ | こういうマンガまでアニメ化されるのか »