« ARTA祭り? | トップページ | Accident »

2017年8月 7日 (月)

先ずは総理大臣顕彰から

スポーツカーで首相官邸に...一体誰!?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-00010003-houdoukvq-peo

NSXに乗って現れた佐藤琢磨選手、というのがポイントです。
ホンダ的には絶好のプロモーションの機会となったことでしょう。

それにしても、意外と小さいのね佐藤選手。164cmってWikiには書いてありましたが。

安倍首相が175cmらしいので、10cm以上も差があるのはちょっと意外でした。

「総理大臣顕彰」とは「『国家、社会に貢献し顕著な功績のあったものについてこれを顕彰することを目的』とする」らしいです。佐藤選手の前は囲碁の井山裕太棋士、その前は相撲の魁皇関が授与されています。

「国民栄誉賞」は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」ってことで、「総理大臣顕彰」のアッパーグレードに当たるそうです。
王貞治選手(当時)の通算本塁打数世界新記録達成(756本)を讃えることが当初の目的なりますが、その後も結構授与されている人(達)がいますね。最近だとレスリング女子の伊調馨選手ですが、その前に野球の松井秀喜氏が受賞しています。

上記は全部Wikipediaからのウケウリですが、各受賞者のバックグラウンドを読んでみるとなかなか面白いです。
こういうWikiは勉強になりますね、ホント。

モータースポーツで国民栄誉賞をゲットするためには……やっぱり
・F1モナコGP制覇
・インディ500制覇
・ル・マン24時間制覇
くらいやらないとダメなんだろうな〜(^_^;)

遙か長い道のりと思いますが、インディとル・マンは日本人ドライバーが優勝したことがあるので、あとはモナコ……。
来たれサムライ・ボーイズ。

|

« ARTA祭り? | トップページ | Accident »

」カテゴリの記事

コメント

 国民栄誉賞と云うのは、設立目的としては御書きの通り『王選手を称えるのに、叙勲は不適当(スポーツ選手…と云う枠が叙勲に無い)だけど、何か称えたい』と云う事で発足した賞なのですが、設立当時に考えもしなかった副作用が付いてきた賞でして…

 叙勲と違って『総理大臣の一存で』与える事が出来る賞として設定したモンだから、政権支持率が落ちると国民への人気取りとして取り敢えず人気者に賞を与える…と云う悪しき慣習が出来た賞です

 歴代の授与者は当然国民にとって人気者なのですが、授与した時期は殆どが政権支持率が落ちてる時期になってます
 まぁ貰う方はソレでも賞なのですが、賞状には『落ち目の首相』のサインな訳で…
 そのサインでの賞状で嬉しいか? …と、偶に本音を聞きたくなる時も有ったりしてwww

 お目汚し失礼

投稿: 毘沙門天松茸 | 2017年8月 8日 (火) 09時14分

→ まったけちゃん

コメントありがとうございます。
あー……こういうのって人気取りって側面があったんですね〜。すっかり騙されていましたよ(^_^;)

でもまぁ、スポーツ選手なんて稼げる時は限られるのだから使えるネタは貰っとけとも思います(^_^;)

投稿: いぶき | 2017年8月10日 (木) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021921/71362362

この記事へのトラックバック一覧です: 先ずは総理大臣顕彰から:

« ARTA祭り? | トップページ | Accident »