« 撤退は惜しいと思います | トップページ | 500 TYPE EVA »

2017年9月 6日 (水)

原因は消費者なんだと思う

コマツが覆す、建設現場の「3K、人手不足、どんぶり勘定」

https://forbesjapan.com/articles/detail/17564/1/1/1

ITを機材に直結して可視化することによるメリット……というお話なのですが、私は亡父が土建屋だった関係で結構こういう話が好きだったりします。

この会社、ってゆーかコマツですけど、先代以前の社長にはあまり側近が役員が意見ができる環境ではなかったのかなー、なんて感じました。過去には……なんて言うんでしょうね、社長がどーんと抽象的な目標を定めて、それを役員以下が馬鹿力で何とかする、といった仕事の仕方しか選べなかったのかなとちょっと思った次第です。
だからこそ現職の社長は現場の仕事の仕方に危機感を持ち、IT・ドローン・3Dカメラなどホットなアイテムが揃った今こそ現場の改革を、と考えたのではないかな、と。
読んでいくと、企業の片隅で細々と続けられている事業や一件建設現場と関係無い機材が実は技術開発のキーだった、という話が出てきます。

実際、工事現場は近い将来かなりの人手不足になるというのはコマツの社長だけでなく建設に携わる全ての人達が感じていることだと思います。
それは仕方が無いことです。建設現場はコストダウンを言われやすい環境なので、どんどん予算が削られていけば「仕事内容の割には見合わない給料」という見方をされ、参入に興味を持つ人達は減ってくるでしょう。
運送業と一緒の構図ですね。コストダウンをガンガン要求しているうちに業者がどんどん減っていく、と。

でも複雑な気持ちでもあります。そのコストダウンは結局我々消費者が求めていることであり、結局我々は自らの手で負のスパイラルを造り上げているんだな、と。

少なくとも私は「技術には対価」「サービスには手数料」と考えているので「それくらいサービスでオマケしてよ」というのは言ったことがないです。それを言い出したら何でもかんでもタダにしろいう流れになってしまうので、最後はその技術やサービスそのものが提供されなくなる心配があるからです。

企業の購買担当には響かない言葉とは思いますが、一応主張しておきました(笑)

|

« 撤退は惜しいと思います | トップページ | 500 TYPE EVA »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 私はチト違った見解を持ってます
 取り敢えず、リンク記事は読みました、コマツの現社長はヤるな…とは思います
(発想や人材登用等で)

 が、ドカタ業者全体の話になると、コレが『今までが恵まれ過ぎていた時に、先を見通せなかった各業者の所為』と云う言葉がチラつきます

 故・田中角栄元総理が打ち出した『日本改造計画』で、全国至る所に高速道路と新幹線(標準軌道での線路)建設が必要になり、兎に角ドカタ業者が不足、職に困ればドカタになれば仕事は腐る程有る…と云う時代を作りましたが、コレにより政治とドカタ業者の癒着も多発し、ドカタ業者の組織票により当選した議員が、兎に角業者を無くさない様に公費を使って一見無駄にも思える道路工事等を発注(同じ道路を水道だ、ガスだ、電気だと1年に何回掘り返してるんだ?)していた時代が有りました
 所謂バブル時はソレで良かったのでしょうが、バブルがはじけて節約ムードになれば経費削減を求めるのは当然の事で、他の業者はその波に揉まれながらもナンとか企業努力をして来た訳で
 所が、ドカタ業界はナマジ政治との癒着が有ったから、バブルを超えても当面の間はナンとか凌げて来た訳です
 その間に『ソロソロこの業種も不味いかも…』と思えば対応出来た筈なのに、ソレを怠ったのは業界全体でだと思います

 私には、リンク記事は『他の業界がバブル崩壊当時にやって来た企業努力を遅ればせながら始めたよ…』と云う風に読めるんですけどねぇ…
 まぁ身内に業界の方が居る人相手にチト厳しい見方かも知れませんが、どうなんでしょうね…

 では、また^^

投稿: 毘沙門天松茸 | 2017年9月 8日 (金) 09時43分

→ まったけちゃん

コメントありがとうございます。
まったけちゃんのお考えはかなり真実に近いモノと思います。
公共事業という言い値で出来る時代にジャブジャブ漬かった世代が運営する企業は今時のコストダウンに理解が無く、せいぜい一番判りやすい人件費を削ることしか考えないんですよね。リンク先の記事のことはその通りで、当代の社長になって初めて全体最適を意識したことが解ります。
この社長が出てこなければ現場の全体最適という発想が生まれずに、ますます人件費カットとそれに伴う質の悪さによる納期遅延とか負のスパイラルが結構続いたんじゃないかなと考えます。

ただコストダウンのニーズは結局我々消費者が求めたことなので、どこかで消費者もサービスには対価が発生することを再度思い出す必要があるんじゃないかとという私の考えは変わりません。業種は違いますがヤマトとアマゾンの関係はその一端でしょう。

需要と供給がしっかりマッチするまでこういう話は続くんでしょうね〜(^_^;)

投稿: いぶき | 2017年9月 9日 (土) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原因は消費者なんだと思う:

« 撤退は惜しいと思います | トップページ | 500 TYPE EVA »