« どこのリゾートでしょうか | トップページ | サイファーこそ至高(異論は認める) »

2018年2月 7日 (水)

何だか乗用車の様で

新型車両デビュー記念撮影会in相模大塚を開催

http://www.sotetsu.co.jp/train/info/385.html

数年後にJRや東急に乗り入れする、相鉄線の新型電車・20000系をお披露目するんだそうです。

今までの相鉄線の電車とは全然イメージが違う……電車なのにフロント部にグリルがある……なんだか乗用車の様です。照明のカタチと相まって、イメージ的にはアウディっぽくなった気がします。

今までどちらかというとのっぺりした正面の電車しか見たこと無かったのでこの感覚は新鮮です。
それだけ、東京方面への乗り入れに期するものがあるんでしょうね〜。

カッコイイ電車と言えば。
昨年走り始めた、京王電鉄の5000系。これも気合い入っていますよね。

京王=ステンレス車両にピンクの帯、というイメージなんですけど、それを踏まえた上でかなりスピード感のあるデザインになりました。座席も回転してロングシートから進行方向へ向ける仕掛けを施すなど面白ギミックを装備しています。これは是非乗ってみたいです。

首都圏の大手私鉄はこんな感じでどんどんイメージチェンジを推し進めるんですかね?
見たり乗ったりする分には楽しいので大歓迎です。

|

« どこのリゾートでしょうか | トップページ | サイファーこそ至高(異論は認める) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何だか乗用車の様で:

« どこのリゾートでしょうか | トップページ | サイファーこそ至高(異論は認める) »