« ANCHOR F5をロードバイク風にしてみる(その3) | トップページ | 身内が殺されてもワカランものなんだろう多分 »

2018年3月 5日 (月)

ANCHOR F5をロードバイク風にしてみる(その4)

パワートレインの整備を進めるにあたり、一応使うパーツは決まっています。

家に転がっているシマノの2300シリーズ。これを用います。

Fd2303Rd2300

元々モーメンタムに標準装備されていたものですが、数年ぶりに日の目を見させる予定。前3速x後8速対応。

で、それを操作するデュアルコントロールレバーですが、シマノ製ではないものを使います。

Micronew R9。前3速x後9速です。

41djbb4lbgl

ご存じの方はご存じと思いますが、シマノのリアディレイラーは8速対応としていながら、実際は9速に対応させることが可能です。
私は昨年8速ClarisのRD-2400で実践済です。

RA3をメンテナンス(後編) 2017年1月31日

後9速にするだけなら今ハンドルに付けているST-3403でもいいじゃないのと感じる方もいると思いますが、親指シフトは疲れてくると親指をシフトレバーまで上げるのに苦労するんですよね(^_^;)あと、microSHIFT社製のデュアルコントロールレバーがどんなモノなのか試してみたいという気持ちもあります。
Micronew R9はmicroSHIFT R9のOEMみたいなものらしいですが、アリババでは前者の方が安かったですね、20〜30ドル程度。
明日には発送されるでしょうけど……船便とかなら結構掛かりますかね(^_^;)

とりあえず、F5の整備できる箇所から手を入れていきます。

|

« ANCHOR F5をロードバイク風にしてみる(その3) | トップページ | 身内が殺されてもワカランものなんだろう多分 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021921/73056746

この記事へのトラックバック一覧です: ANCHOR F5をロードバイク風にしてみる(その4):

« ANCHOR F5をロードバイク風にしてみる(その3) | トップページ | 身内が殺されてもワカランものなんだろう多分 »