書籍・雑誌

2017年3月18日 (土)

ホリデーオート3月号

そういえば先月中にホリデーオート3月号を買っていました。
もちろん、表紙に釣られたからです(笑)

Img_2672

続きを読む "ホリデーオート3月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

マンガだから凄く見えるのです 多分

弱虫ペダルの巻島選手。
「ついたあだ名は頂上の蜘蛛男(ピークスパイダー)!!」なんだそうです。

続きを読む "マンガだから凄く見えるのです 多分"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

押しの強いクルマ

「サーキットの狼」のル・マン・イン・ジャパン編、今更ですが購入しちゃいましたです、Kindle版ですが……。

続きを読む "押しの強いクルマ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

滋賀県民に尋ねたく

竹書房のびわっこ自転車旅行記は、まだ読んでいません。かわいいおねーちゃんたちがチャリ乗る話という認識程度。

続きを読む "滋賀県民に尋ねたく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

80年代レーシングカーのすべて

Cover表紙のスカイライン・スーパーシルエットに釣られて買ってしまいました(^_^;)

1980年代は私が10〜19歳だった頃になりますが、その頃に現役だった国内外のレーシングカーをぐぐっと集めて記事にしています。
レーシングオンの様な一車種やチームを深掘りするわけではありませんが、多彩な車種にカンタンな説明とスペックを載せた、昔よく読んだ○○大百科的なノリで構成されています。

スーパーシルエットの欄を読んで少々驚いたのは、1980年代前半はまだニッサンとしてワークス活動が確立されてなく、ホシノインパルもハセミモータースポーツも独自にモータースポーツ活動を進めた上でシルビアやスカイラインをシルエットフォーミュラ化して走らせてたっていうことでした。今更何言ってんだとお思いでしょうが……(^_^;)

今GT500クラスで走っている柳田真孝選手のお父さんは「Zの柳田」と呼ばれていた柳田春人氏ですが、富士スーパーシルエットシリーズのタイトルを1983年に獲得したときに乗っていたのはブルーバードだっていうのはオドロキでした(^^;

あとはGCですね〜。F2のシャシーにフルカウルして走らせていたカテゴリですが、今見るととても新鮮に感じます。アメリカではF3のシャシーにフルカウルしたPrototype Litesというカテゴリがあるらしいですが……。

ンでもってGr.Cのポルシェ962Cの美しさは至高です。ロスマンズカラーで走っていたあの車を是非一度生で拝んでみたいです。

もちろん今存在するテクノロジーの全てを注ぎ込んだレーシングカーが常に最高ではあるのですが、ハイテクに頼らないソリッドな素材で構成された1980年代のレーシングカーの野性味にも惹かれます。

買って良かったです(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

南鎌倉、始まっていますね

南鎌倉高校女子自転車部のアニメーションが始まっていますね〜。

http://minakama-anime.jp/

続きを読む "南鎌倉、始まっていますね"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

やはり描けないのか

昨年末にろんぐらいだぁす!アンソロジーコミックが発売されています。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N9JVPJ2

続きを読む "やはり描けないのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 6日 (金)

自転車に乗った後の食欲

ろんぐらいだぁす!を含めたコミックREXが更新されています。

http://seiga.nicovideo.jp/watch/bk43020

続きを読む "自転車に乗った後の食欲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

更新前倒し

蒼山サグ先生のラノベコミカライズ版、更新されています。

ロウきゅーぶ!
http://comic-walker.com/viewer/?tw=2&dlcl=ja&cid=KDCW_AM08000002011034_68

天使の3P!
http://comic-walker.com/viewer/?tw=2&dlcl=ja&cid=KDCW_AM09000012011025_68

毎月1日が更新日なので、正月に向けて前倒しですね。

うん、小学生は最高d(ry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

和製ピカレスク……になるのかな

そのオーク、前世(もと)ヤクザにて STORY8公開

http://www.ganganonline.com/contents/sonoork/

よくある異世界への転生モノですが主人公の前世がヤクザっていうところに興味を持って、時々公開されるSTORYを追っています。

悪漢を主人公に据えて世の中のあまり触れたくない話題にあえて突っ込んで闇の部分を暴き出す文学をピカレスク文学と呼ぶらしいです。日本の場合は悪漢が巨悪・猛悪と対峙して戦うっていうストーリーが好まれる傾向があるのか、マンガでは「白竜」、ゲームでは「龍が如く」あたりがヒットを続けています。敢えて言うなら和製ピカレスク、といった感じでしょうか。

「そのオーク、前世(もと)ヤクザにて」も転生した主人公が元々ヤクザで、転生した先はいきなり刑務所内のオーク、しかも囚人間のイザコザを弱い側に肩入れして助けて大立ち回りするという和製ピカレスクの要素が詰まったものが出だしのストーリーでした。

日本人は不思議なモノで、法治国家でありがなら無法に一目置く傾向がある気がします。
清水の次郎長、国定忠治、最近だとこんな感じでしょうか。

ヤクザと共生する街、神戸市民の意外な「山口組観」
http://diamond.jp/articles/-/108103

彼らを英雄視する気はありませんが、天災でみんな困っているときに「法が」「手順が」「管轄が」などと言ってお役所や警察が後手後手に回ってタイムリーな被災地支援が出来ていない中、その大規模な組織力とフットワークの軽さを使って被災地支援するヤクザは「弱者の味方」に映るのかも知れません。
(当然下心もあるんでしょうけど。公共事業参入でシノギ獲得、被災地でのイメージアップとか)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧